×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

Stork Lab

JFrame フルスクリーン

Frameを用意する

枠のないWindowを使用した方が良いように思えますが、Windowを使うとキー操作を受け付けません。そこでFrameには枠を消すためのメソッドが用意されています。そこで使うのがFrame.setUndecorated(boolean undecorated)です。以下にSwingのJFrameを使った例を示します。
JFrame frame = new JFrame("Full Screen");
frame.setUndecorated(true);

GraphicsDeviceを取得する

次にフルスクリーン表示を行うGraphicsDeviceを取得します。
GraphicsDevice device = GraphicsEnvironment.getLocalGraphicsEnvironment().getDefaultScreenDevice();
ディスプレイが一つしかない場合にはこの方法で十分です。もし、マルチディスプレイ環境の場合はgetScreenDevices()を使って目的にあったディスプレイを探すことになります。

フルクリーンにする

次にこのGraphicsDeviceにフルスクリーン表示を行うFrameをセットします。
device.setFullScreenWindow(frame);
フルスクリーンを解除するには
device.setFullScreenWindow(null);
とします。